防衛・有事関連銘柄で株式投資

Read Article

6203 豊和工業

産業用機械の老舗。工作機械が主力。火器、防音サッシなど防衛需要大。創業事業の紡機は撤退

 主力の工作機械関連はマシニングセンタを中心とする工作機械、パワーチャック、シリンダなどの空・油圧機器、プリント基板用露光装置などの電子機械を手掛ける。自動車産業向けの生産ラインの構築に強みを持つ。火器は防衛省向けの小銃、迫撃砲など、建材は防音サッシ・ドアなどを製造販売する。このほか振動ローラ・タイヤローラなどの建機、路面清掃車など幅広い分野に展開。
http://www.howa.co.jp/

Dsc_8694_m

item_photo0_20

【決算】3月【設立】1907.2【上場】1949.5
【復 調】工作機械はHDD向け低調。上期好調の自動車向けも端境期で下期減速。営業減益。2円配濃厚。14年3月期はインドなど新興国で自動車向けに工作機械が伸びる。公共向け中心に建材も堅調。増益。
【開 発】低コストで構築可能な変種・変量ライン向け生産システム開発、自動車業界への拡販狙う。3億円投じ愛知の稲沢工場に太陽光発電設備を設置、5月売電開始。

政府は7日、北朝鮮がミサイルを発射した場合、自衛隊が迎撃できるようにする破壊措置命令を出したと報じられている。ミサイルの破壊措置命令は過去に3度出しているが、北朝鮮の発射予告がない中での発令は初めて。
北朝鮮が中距離ミサイルを日本海側に移動させていることから不測の事態に備える必要があると判断したようだ。自衛隊は海上配備型迎撃ミサイル(SM3)を搭載したイージス艦で警戒を強めており、破壊措置命令でイージス艦が迎撃できる態勢が整った。
短期的な資金が中心とはみられるが、石川製作所<6208>は年初来高値を更新するなど、資金回転は利いているようだ。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)